« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

取材専用の車がやってきました

 現在、取材に出かけるときには、家の車を使っているのですが、大きな車なので、取り回しが大変で、特に山奥の村に出かけるときには、難儀をしておりました。上村とかは特に、行き止まりでにっちもさっちも行かなくなったりして・・・。

Img_8174

 さて、今回、たまたま知人から安価で譲ってもらったのが、この車。何の変哲もない、軽自動車ですが、走ってみて、まず何よりどん詰まりまで行っても、なんとか切り返しでUターンできます。そして、燃費がすこぶる良い。今日は大岡まで往復したんですが、高速を走ればリッター18キロくらい走ります。さっそく、名入れもして、取材専用車両としてデビューいたしました。まあ、まだまだ「信濃路てくてく・・・なんだそりゃ」の世界ですが、いつか、「アッ、ガイドブックの車だ」と思われたいものです。

Img_8176

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

木祖村の追加取材

Dsc_0053

 

 現在、取材執筆が終わってイラストをまとめている段階の木祖村のガイドブック。取材時に訪れることができず、ネットでも画像もない、吉田の神明宮の撮影に行ってきました。どこの取材でもこういった「一つ残る」事態が起きます。注意はしてるんですが・・・。で、今回行ってみて、こんなところをなぜ取材しなかったのか、というくらい立派な神社だったので、ちょっと(@_@)です。

Dsc_0058

 白山様も祀っているので、もうちょっと由緒を知りたいところですが、資料にもあまり記述がありません。祀られた時期もはっきりしない。しかし立派。境内も広い。吉田という集落自体は、国道沿いで、駅からも遠く、ちょっとすたれ気味な感じ。どういういわれがあるのか調べてみたい…そんな気持ちになりました。ネットでほかには画像もないので、たくさん載せちゃいます。

Dsc_0060

続きを読む "木祖村の追加取材"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新一年生がやってきた

 昨年1年弱、諏訪の中洲小学校にヒツジを貸していました。6年3組が主に世話をしてくれたのですが、この春卒業ということで、みんなで飼っていたヒツジのごんたにお別れということで、大挙して(まさに)やってきてくれました。

Img_8162

 小学校からヒツジを引き上げるときには、お別れ会や感謝の言葉をいろいろ考えてくれたり、ヒツジを載せた軽トラを、走って追いかけてきたりと、なかなか子供たちも捨てたものではないと思わせてくれたので、今回も、なんだかとてもいい雰囲気でした。

 長野日報の方も取材してくれたのですが、ごんた(ヒツジ)が子供たちをしっかり認識していることに驚いていましたね。感情表現っぽい動きもあったりしましたし。何はともあれ、楽しかったですね。いい思い出です。 

続きを読む "新一年生がやってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

富士見町の石造文化財

 富士見町は安曇野ほどではないにしろ、石造文化財には特徴的なものもあり、なかなか見ごたえのあるものが多い土地です。まとまってある場所、例えば、若宮の百庚申、葛窪の三十三観音などもあります。

 

Dsc_0754

 また、双体道祖神もかなりの数分布していて、その形態も、石祠に包まれた中に小さな双体道祖神が安置されている、八ヶ岳南麓に多く分布するものがみられます。

Dsc_0775

 

 そんなものを、あちこち見て歩いてまとめようと、動き始めました。フットパスガイドブックとは別の動きで、動いていきます。興味のある方の参加もお願いしています。

Dsc_0788

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

語り部講座

 長野県で風景の語り部事業というのをやっていて、今回元気づくりで知事表彰を受けたこともあり、今までの活動についてお話させていただきました。

 会場には、安曇野でガイド活動をしている人たちも、講師として訪れ、講座というより情報交換のような形で、交流させていただきました。安曇野での活動は、クリアファイルガイドブックを、手作りで作って参加者に渡すという、心のこもったおもてなしで、敬服しました。また60人近いメンバーの全員がガイドもできるという徹底ぶりに、びっくりもしました。

 特に面白かったのは、屋敷林の話。とんでもなくマニアックな発想におどろきです。

 収穫の多い発表会でした。画像がなくてごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »