« 語り部講座 | トップページ | 新一年生がやってきた »

富士見町の石造文化財

 富士見町は安曇野ほどではないにしろ、石造文化財には特徴的なものもあり、なかなか見ごたえのあるものが多い土地です。まとまってある場所、例えば、若宮の百庚申、葛窪の三十三観音などもあります。

 

Dsc_0754

 また、双体道祖神もかなりの数分布していて、その形態も、石祠に包まれた中に小さな双体道祖神が安置されている、八ヶ岳南麓に多く分布するものがみられます。

Dsc_0775

 

 そんなものを、あちこち見て歩いてまとめようと、動き始めました。フットパスガイドブックとは別の動きで、動いていきます。興味のある方の参加もお願いしています。

Dsc_0788

|
|

« 語り部講座 | トップページ | 新一年生がやってきた »

郷土の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/64481646

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見町の石造文化財:

« 語り部講座 | トップページ | 新一年生がやってきた »