« 夜明け前 | トップページ | 阿南で見つけたすごい場所 »

毎年のことですが

 今年も山菜の季節がやってきました。毎年毎年繰り返すことではありますが、年に一回、てんぷらで楽しむ感じです。今年は、暖かいので出足がちょっとばかり早くて、コシアブラは大きくなってしまい、タラの芽もずいぶんと育っています。

Dsc_0458

 この時期の新芽には食べられるものが多く、お皿の上は、タラの芽、コシアブラ、冬越しのかぼちゃ。もう一つのほうは、カラスノエンドウの新芽、ヨモギ、山椒の新芽、そして黄色いのがタンポポの花です。山椒はピリッとした独特の風味がとてもおいしく、タンポポやカラスノエンドウは食べられるというだけではありますが、冬越しの野菜も切れて、春播きの野菜はまだまだで、ちょっぴりさびしい食卓を、春めかせてくれるので、頼もしい山菜たちです。あ~おいしかった。

|
|

« 夜明け前 | トップページ | 阿南で見つけたすごい場所 »

循環の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/65326287

この記事へのトラックバック一覧です: 毎年のことですが:

« 夜明け前 | トップページ | 阿南で見つけたすごい場所 »