« 小野宿市に出店 | トップページ | すぐれもの »

筑北村にある一大!?霊地

 筑北村の乱橋のガイドブックを作っているのですが、取材はだいたい済んだのですが、やはりひとつ残ってしまったポイントがありました。それは隆明(りゅうめい)霊神という、行者が修行したといわれる場所です。乱橋のマップでは、車で行けるのかなと思っていたのですが、現地に行ったところ、どうも徒歩でしか行けない場所のようです。

Dsc_0631

 入り口に、標識が立っており、この修行地への参道が文化財になっているようです。ということで、矢印の道標に沿って歩きだしました。鳥居が立っている小さな峠を越え、歩くこと30分。たどり着きました。すごいです。ちょっと規模は小さいですが、一大霊地といってもいいくらいの場所です。

Dsc_0642_3

 鷹巣山という山の山腹にあるのですが、砂岩のようなポロポロとした岩場で、浸食がすすみ、何とも険しい場所。住んでいたといわれる岩穴もありました。

Dsc_0635

 ところどころにある石造物の中には、修那羅峠の石仏にかよったねこの彫り物もありました。これなどは何らかの影響を受けたものと思われます。断崖には、ロープも張られ、今でも整備する人たちがいるような感じです。もともと御嶽山の信仰とクロスした行者だったらしく、そんな形跡(泊まる場所や尾根の突端の石祠など)も見られました。

Dsc_0633

 いずれにせよ、えらく驚愕の史跡でした。

|
|

« 小野宿市に出店 | トップページ | すぐれもの »

郷土の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/66004158

この記事へのトラックバック一覧です: 筑北村にある一大!?霊地:

« 小野宿市に出店 | トップページ | すぐれもの »