« 「土の城 指南」 | トップページ | 池袋西口でイベントを見て »

苗木城へいってきました

 現在ガイドブックを岐阜の東濃といわれる地域で作り始めています。岩村という街並み保存で有名な城下町、その岩村の城、恵那から瑞浪にかけての土岐川沿いコース、の三ケ所を手掛けています。で、その次に、中津川の苗木城をやろうと思っているので、下見に行ってきました。苗木城というのは、中津川のはずれの苗木というところにあった、苗木藩という小さな藩の持っている城です。

Dsc_0786

 苗木藩は一万石の藩ですが、遠山氏という、もともとこの地方を戦国時代から治める豪族が、江戸時代に一度の改易もなく、治めていました。私も、「十三人の刺客」という映画で、ちらっと出てきたのを、架空の藩だと思っていたくらい、知りませんでした。

Dsc_0815

 で、この苗木藩の苗木城というのが、実に個性的な城で、前々からチェックを入れていたのですね。実際に、訪れてきて、江戸時代の藩の多様性を知るとともに、地形を生かした城造りの極意を知ったのでした。

Dsc_0800

 なんといっても、中津川近辺に多い、巨石、巨岩を非常にうまく利用したもので、資料館ができているのですが、そこにある再現模型も素晴らしく、とにかく驚きの連続でした。戦国時代の山の館がそのまま、江戸時代を通した政治の場になってるのですね。また、遺構がかなりの精度で残っておるのです。これも、市街地になってしまった中津川より離れた土地に建っていたが故の、奇跡です。なによりも、その天守があった場所からの眺めがものすごい。眼下に木曽川が流れ、雄大な恵那山を正面に、一度行ってみることをお勧めします。はとバス来ていたよ。

Dsc_0802

|
|

« 「土の城 指南」 | トップページ | 池袋西口でイベントを見て »

フットパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/67162300

この記事へのトラックバック一覧です: 苗木城へいってきました:

« 「土の城 指南」 | トップページ | 池袋西口でイベントを見て »