« ポスト | トップページ | 可児の花フェスタ公園 »

荒砥城

 千曲市の上山田町の山の中に、史実に忠実に復元されている山城があると知り、行ってきました。

  この城は、荒砥城という城で、葛尾城主として信濃の東北部を支配していた戦国武将、村上義清の出城として建てられたものです。ネットで見た限り、いい感じに復元されてるので、かなり期待して・・・。

  上山田の温泉街のはずれから、「ここかよ」というような急坂を上ります。ぐんぐん標高を稼いで、千曲川の流れと、周辺の平地が手に取るように見渡せる高みへとたどり着き、そこに入り口看板がありました。駐車場も2つほどあり、まあ、困らない感じです。

Img_8332

  で、数分登ると門があり、そこから復元された城域となっています。主郭の前に小郭があり、少し回りこんだところに門構えがありました。上部に櫓の原型のようなものがついた簡単な門です。そこに入っていくところの石垣が、ちょっと作りこみすぎな感がありますが、満足のいくものです。周りを囲んでいるのが、木製の柵なのも好感が持てるところ。

Img_8338

 

Img_8335

Img_8337

 で、注目の櫓はこんな感じのいい出来です。バイクは管理している地元のおじさんのもの。もう閉館時間なので、戸を閉めたり、鍵をかけたりしていました。こちらもあわてて、お詫びを言いながら、駆け足で見学。開館時間は9時ころから16時半ごろまでのようです。まあ、自然の中にありますから、山登っちゃえば入れそうですが・・・。

 

Img_8336

 主郭にあるのがこの建物。おじさんが戸締りしています。この復元、今から20年も前に行われたとか。当時、ずいぶんと勇気がいったことでしょう。たぶん、模擬天守を建てるといった方が、支持を得られるような時代だったですから。今でこそ、この手の復元が本流になっていますが、その先鞭のような例です。景色のよさと相まって、面白かった・・・です。

Img_8333_2

|
|

« ポスト | トップページ | 可児の花フェスタ公園 »

郷土の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/67784050

この記事へのトラックバック一覧です: 荒砥城:

« ポスト | トップページ | 可児の花フェスタ公園 »