« 今年は豊作 | トップページ | 緬羊研究会 »

可児市の山城

 薔薇園に行ったのは、岐阜県可児市で、山城フェスがあったからです。で、その山城フェスのほうがどうだったか…というところで。可児氏が主催で、バスで40人が参加。午前の部もあったようで、2班に別れ、行先も2種類なので、総勢160人かぁ。マジ、抽選だったそうです。

 専門家の方(滋賀大学教授だったかな?)と一緒に歩けるので、山城の見方とか教わるいい機会になると、とっても遠かったのですが、無理して参加です。可児市には、本能寺の変で亡くなった森蘭丸の森氏の居城(兼山城)などもあったのと、美濃は織田や徳川などいろいろな勢力が割拠していたので、守りのための城が多かったようです。

Img_8350

 今回は今城という城と大森城という城。今城は、小さな集落のちいさな城でしたが、小牧長久手の戦いの際の戦闘拠点として再整備されたとのこと。大森城はなかなかの城ですが、同じように再整備された城です。この再整備というのがポイントで、改修をし続けた結果が今に残っているのだそうです。納得。

 また、堀切の様子や、切岸の性質、桝形虎口の役割や形態など、しっかりと勉強できて、山城の多い信州の、ガイドブック作成に役立てられそうです。

Img_8353

 城ってなんだか子供のころに遊んだ、秘密基地っぽい。その大人版っていう感じがしますよね。こんだけたくさんの人が夢中になってる。

 で、地元の城郭愛護会みたいな人たちが来ていたユニホームがこれ。すごい!!そして、欲しい!!

Img_8354

|
|

« 今年は豊作 | トップページ | 緬羊研究会 »

郷土の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/68063543

この記事へのトラックバック一覧です: 可児市の山城:

« 今年は豊作 | トップページ | 緬羊研究会 »