« お城ふたつ | トップページ | 石徹白 »

久しぶりの映画です。 空族の「国道20号線」

 ほんとに久しぶりになりますが、映画館になかなか行けずにもう年末。今回は、サウダーヂの空族(くぞく)富田監督の「国道20号線」です。空族は、新作「バンコクナイツ」が出来上がって、甲府で完成上映会が行われたんですが、ステルイチミヤが出るもんで、予約満杯。仕方なく、甲府の「へちま」という、フリースペース?で週一で上映している空族特集に行ってみました。

 

Top_madness2

 で、どんなだったかというと・・・。 サウダージより短い分、インパクトがねえ~すごかった。お話は、まあ、ヤンキーっぽい同棲カップルが、仕事もせず、パチスロばっかりやっちゃあ、シンナー吸って気持ちよくなってる。で、常に国道20号線が、何らかの終わりや始まりに出てくるちあと江波、ゅう、そういう映画。そのヤンキー二人の暮らしが、リアリティあふれてるっちゅうか、あるあるであふれてる。

 例えば、カラオケで歌ってる時のマイクの動かし方、パチスロで儲かってドンキに行って、しょうもない、装着おっぱい型を買ってしまったり、借金をまとめて友達の闇金で一本化したら、100万がすぐ300万になっちゃったり、たぶんこんな感じなんだろうなあという話が目白押し。最後はシャブうって、彼女の方は、死んじゃったのかなぁ。その、シャブうち後の、たぶん量多すぎで、体が震えちゃう場面なんぞは、新聞ブルブルいわせて迫真の演技。

 この映画について、誰かがブログに書いていたんだけど、「国道20号線はどこにもつながっていない」、そう、もう閉じられた閉鎖空間みたいなもんなのだよね。一度も地元から出ないで、地方で暮らすちゅうのは、そういうことなのかもしれないね。12月も、甲府の「へちま」で上映があるから、みてない人は是非どうぞ。この映画、傑作。で、上映に出あえるのは、すごい確率低いからね。

|
|

« お城ふたつ | トップページ | 石徹白 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/68723274

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの映画です。 空族の「国道20号線」:

« お城ふたつ | トップページ | 石徹白 »