« サラエヴォの銃声 | トップページ

汚れたミルク

 続けて同じ監督(ダニス・タノビッチ)さんの映画です。連続上映だったので。この映画は、世界的企業のネスレが作って第3世界に売り込んでいた、粉ミルクについて、パキスタンで雇われたセールスマンが内部告発するという内容になっています。やはり、この監督さんらしく、その告発劇を映像化するためのミーティングが舞台になっているという、劇中劇風のつくりになっていて、ちょっと付き合うのに、めんどくさいです(笑)。

Yjimage

 ドキュメンタリー風に、時系列で事件(内部告発の)の内容がわかるように作ってあるので、ふむふむこういう内容かと・・・わかりやすいんですが・・・。これって普通に行われていることじゃん・・・なのです。粉ミルクの会社が、現地の医師に、お金やいろいろな便宜でとりいって、粉ミルクを患者や乳児を持つ母親に勧める。いわゆるマーケティングとか、リベートとか、そういった、ビジネスの世界では当たり前になっていることを、「いけないこと」として描きます。もちろん、汚れた水しか手に入らないパキスタンの実情があり、その汚れた水でミルクを溶かせば、汚れたミルクなわけで、そんなものを乳児に与えれば、病気になるのはあたりまえです。そのあたりまえが知っていてやっている犯罪として描かれるような、チープなイメージなんですが、そこで終わっていないのがこの作品のすごい所。ネスレが、映画の中で反論しているように、国民にきれいな水を供給できないパキスタン政府が悪い。ネスレの製品そのものに毒が入っているわけでもないし、欠陥品を売っているわけでももない。これは、そういえば言えることなんですね。

Yjimage01

 一見、そういったリベートを渡すという汚職のような構造を悪として描きながら、実はその本質的に「告発」したかったのは、資本主義のシステムそのものなんですね。ものを作って、宣伝して売ることを、「いけないこと」として、描いているんです。そう、ネスレ(劇中では一回だけネスレと出てきますが、あとは「ラスタ」社とされています)だけが悪いわけではない。資本主義の本質的なシステムが悪い。私たちがごくごく当たり前に受け入れている、宣伝されているものに信用を置く、とか、大きな会社のものは安心だ、とか、ことさらこの映画の中で強調されている、欧米のものへのあこがれ、とか、そういったものを批判している。こりゃ、問題作です。ここまで言っちゃってる映画ってあったっけ。そういう感じです。極左のプロパガンダ映画みたいなのを、娯楽作的に作っちゃってる。改めてこの監督のすごさを知りました。

|
|

« サラエヴォの銃声 | トップページ

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/70292989

この記事へのトラックバック一覧です: 汚れたミルク:

« サラエヴォの銃声 | トップページ