« 天龍村大河内 鹿追い祭 | トップページ | 汚れたミルク »

サラエヴォの銃声

 はい、久しぶりの映画です。今回はボスニアヘルツェゴビナの監督さんの作品。身体の下に地雷を埋められて、動けないあげく、もよおしてしまって・・・「ノー・マンズ・ランド」や民族の違いによって、独立やら、周辺の民族との関係やら複雑で、戦争が起きてしまったボスニアヘルツェゴビナの国内の少数民族の苦悩を扱った「鉄くず拾いの物語」などで知られる監督です。申し訳ないが、名前は覚えられません。調べました。ダニス・タノビッチ。その監督さんの最新作です。

T0021507q

 お話は、第1次世界大戦の始まりとなった、あの発砲事件。オーストリアの皇太子夫妻が殺害されました。舞台はサラエヴォ。その事件から100周年を祝うというか、記念するイベントが開かれようとしています。ヨーロッパの首脳なども集まる様子で、宿泊先となるホテルは準備に大わらわといった風です。このホテルの内部が結構ドタバタしていて、大事な日を前にストが予定されていたりします。この旧ユーゴの地域の入り組んだ政治的背景は、僕らにはわからない世界なんですが、イベントの一環として、ジャーナリストがいろいろな人にインタビューしているという設定の映像が流れ、なんとなくですが、解説してくれます。

 ホテル内部の人間模様が、主たるテーマのように扱われ、群像劇ふうに進むので、最初はとっつきにくくて、眠くなります。しかし、次第に様子がわかってくると、手振れ風のカメラワークの影響もあって、緊張感が増してきて・・・

 この1914年の暗殺事件そのものが、失敗を重ねたうえで、ふとしたはずみに偶然が重なって、起きた事件というのが伏線にあります(その経緯は初めて知ったんですが)。そして、この映画の中でも、ふとした弾みの発砲で、銃声が・・・

 う~~ん。これは見終わって、史実を調べて初めて理解できるという、ひねりにひねった映画。どう評価したらいいんだろう?面白いかといえば面白いスリリングな映画でした。 

|
|

« 天龍村大河内 鹿追い祭 | トップページ | 汚れたミルク »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/70292576

この記事へのトラックバック一覧です: サラエヴォの銃声:

« 天龍村大河内 鹿追い祭 | トップページ | 汚れたミルク »