« カメラを止めるな | トップページ

小谷村の「ささらすり」

 さあ、いよいよ行ってきました。小谷村の千国諏訪神社。遠かったあ~~。で、「ささらすり」というお祭りです。

002

 これは、この画像を見ただけで、観念してください。やばいです。かつあちこちで酒を飲まされていますので、完全に出来上がっています。村中の家々を、本人曰く(聞きました)、適当な家に上がり込んで酒を飲ませてもらって歩きます。で、その後、ちゃんとした神事が行われ、こういう神輿を担いだ子供たちとともに、神社(千国諏訪神社)まで道ゆきです。

003

 こんな、ういういしい巫女さん(中学生)も一緒で。巫女さんはこののち神社で浦安の舞を舞いました。

004

 で、この乱痴気男(地元の人たちは「ささら」と呼んでいましたが)は、神社の境内で、おばあさんだろうが、子供だろうが、女とみれば容赦なく、この棒を股間に押し当て、手に持ったササラで、しゃしゃしゃとこするんですよ、棒を。あちこちでキャ~~~とキャ~~~~と悲鳴が上がっていました。

 この「ささらすり」佐渡の羽茂で「つぶろさし」という祭りの舞があり、それとほぼ同系の祭りになります。まあ、ストレートに子孫繁栄なんでしょうが、この祭りが残っているのはたぶんこの2か所だけ。どういう意味があるのか。民俗学だなぁ~~。

001

|
|

« カメラを止めるな | トップページ

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/74186404

この記事へのトラックバック一覧です: 小谷村の「ささらすり」:

« カメラを止めるな | トップページ