« 熊野詣 その1 | トップページ | 愛知東栄町 古戸の花祭り »

熊野詣 その2

  果無越えから下山したのはお昼過ぎ。それから、湯峯温泉につかり、熊野速玉社へ。
速玉社はちょっと朱色が多い、「世界遺産?」といった風情の境内。まあさっとお参りして、巨石があるらしいと、事前に調べておいた神倉神社へ。ここがなかなかすごかった。何がすごいかっていうと、階段。登り始めの階段は、階段じゃない。一種の崖。これは帰り降りられないよ、と思ったほど。まあ、帰り道には「女坂」という緩い(でもなかった)山道がありました。途中から普通の傾斜になるんだけど、この「崖」を松明を持ってかけ下りるお祭りがあるそうな。それは、めっちゃすごそう。けが人続出でしょうね。階段の上には、社殿に覆いかぶさるような巨石がある場所からの眺めはサイコー。新宮市はなかなか大きな街なのだなと実感しました。

Photo_3

Photo_4

 そこから、那智大社へ向かいます。何とか今日中にお参りできそうな時間帯。15時過ぎに、大門坂駐車場に着き、やや暗くなりそうな天気の中、熊野那智大社への石段を
ガンガン登って行ったのでした。これから上る人は少なくて、降りてくる人ばかりではありましたが、上(那智大社)にはまだまだたくさんの人がお参りしていました。那智大社の裏道のような道を通ってすぐ、青岸渡寺があります。まさに神仏習合そのもの。入り口はさすがに分かれていたのですが、裏側ではほぼ同じ敷地。これが熊野か…思った次第です。和歌山では、廃仏毀釈がなかったわけではないようですが、意外に残っているのには、理由があるようです。何とか日暮れ前に、那智の滝も見ることができ、あとは、バスまで時間があったので、真っ暗な中でも比較的安全な車道をたどって駐車場まで…結構ハードだなあと思いながら。

Photo_5

Photo_6

|

« 熊野詣 その1 | トップページ | 愛知東栄町 古戸の花祭り »

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊野詣 その2:

« 熊野詣 その1 | トップページ | 愛知東栄町 古戸の花祭り »