« 小菅神社と万仏山 その2 | トップページ | 熊野詣 その2 »

熊野詣 その1

   あこがれの地…熊野に行ってきました。熊野三社詣でというつもりで行ってきましたが、帰ってきたら、ほんのさわりを見てきただけという感じになってしまいました。熊野で泊まった宿にあった「熊野本」を読み漁ったというわけなのですが、事前にあまりいろいろ読まないで行ったので、「こんなに深いのか熊野は」と思い知った次第です。
 まあ、紀伊半島の熊野ですから行くだけで一日がかり。高速使っても7時間はかかります。夕暮れ前にやっと着いた本宮にお参りして、八咫烏の旗と対面。真っ暗になった熊野川に沿ったくねくね道を宿へと向かいました。1日目は十津川温泉の民宿。ぬるいながら何ともあったまるお湯で疲れをとって休みました。


 翌日は、大阪に住んでいた頃から、行きたかった果無山脈(果無峠)に登ります。前日の天気予報は「雨」だったのですが、霧は出ていたものの、なんといなく午前中くらいは
持ちそうな空模様。思い切って出かけました。なんといっても道中が長いので(5時間強)
躊躇します。しかし、行ってよかった。果無越えの道は、高野山から熊野大社本宮へと向かう小辺路の一部です。平日なので、まあ、途中で高野山から来たという2人組を
抜きましたが、ほぼ一人旅状態。目的地の八木尾が一番の三十三観音を、逆から数えていきます。これがほんとによい目印となって、長い道中も気にならず、かなりのハイペースで登ることができました。さすがに霧にむせんでいた峠も足早に通り過ぎ、雨が降る前に八木尾集落に着くことができました。始点の果無集落は標高300m(雨が心配だったので果無まではくるまでした)、峠は1060mなので、まあ、ちょっとした登りでしたが、一応、熊野古道では、難所のうちに入るようです。

Dscn1031002_2

Dscn1069001

Photo_2

 私の熊野古道初体験です。いうことで

|

« 小菅神社と万仏山 その2 | トップページ | 熊野詣 その2 »

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊野詣 その1:

« 小菅神社と万仏山 その2 | トップページ | 熊野詣 その2 »