ヒツジ

緬羊研究会

 日本緬羊(めんよう)研究会という、ヒツジに興味がある人が入っているディープな研究会があるのですが、今回、栃木の御料牧場で総会があるというので、出かけてみました。

 まあ、厳重な警備、こんなことでもないと、なかなか入れない場所ですので、遠くからでかけたのです。まずは、ホールのような場所で、総会です。庭が素晴らしい。セレブしてます。

1477366808869

1477366825465

 そして、ヒツジの見学。すんごい服を着せられました。まあ当然ですが。ヒツジがやや小ぶりなのは、宮中晩さん会の給仕のさらに、もも肉用の足が入るようにとのことです。まあ、すんごい理由。そのために60キロくらいに仕上げるとか。これはこれで、すんごい技術と思います。

Img_8388

Img_8383

 福島に近いので、ヒツジの放牧は県として(栃木県)、禁止だそうですが、御料牧場独自のデータ取りで、安全な範囲になっているということで、県に掛け合い、自己責任ということで認められているとか。なかなか大変ですね。めったに見られない場所を見ることができ、面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新一年生がやってきた

 昨年1年弱、諏訪の中洲小学校にヒツジを貸していました。6年3組が主に世話をしてくれたのですが、この春卒業ということで、みんなで飼っていたヒツジのごんたにお別れということで、大挙して(まさに)やってきてくれました。

Img_8162

 小学校からヒツジを引き上げるときには、お別れ会や感謝の言葉をいろいろ考えてくれたり、ヒツジを載せた軽トラを、走って追いかけてきたりと、なかなか子供たちも捨てたものではないと思わせてくれたので、今回も、なんだかとてもいい雰囲気でした。

 長野日報の方も取材してくれたのですが、ごんた(ヒツジ)が子供たちをしっかり認識していることに驚いていましたね。感情表現っぽい動きもあったりしましたし。何はともあれ、楽しかったですね。いい思い出です。 

続きを読む "新一年生がやってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サプライズ

Img_7908

 今日の朝、いつものようにヒツジの見回りに行ったところ、放牧場になんだか黒い小さいのがはねている・・・えっ、仔ヒツジ!? なんとなんと、全くのノーマーク状態で仔ヒツジが生まれたんですね。

 前にも一回こういうことがあったんですが、5月でした。今回は7月。種が付いたのは2月と思われます。そういえばオスが脱走して・・・・でもメスの発情期は終わってるはずと・・・油断していました。この時期ヒツジは草をたっぷり食べて太るのと、そんなことは思いもよらないので、全くのノーマーク。いやはやびっくり。文字通り、うれしい悲鳴です.

  この子(母)、羊毛コンテストで受賞した子なんですよね。余計に驚きました。毛質も良く、おなかに赤ちゃんがいたとは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

羊毛コンテストで敢闘賞

Img_7713


 

 スピナッツという羊毛関係の趣味(染めとか織りとか)を持つ人向けの雑誌があって、毎年毛刈りをした羊毛の コンテストをやっています。前回は3年程前に、ためしに出品し、合格ぎりぎりの線で販売してもらったのですが、 今回、ちょっと毛質のいいヒツジがいたので、その毛を出してみたのです。  で、いつものように刈って、あまりゴミも取らずに適当に袋につめて、送ったところ、なんと敢闘賞ということで 連絡がきました。

 一位とか二位とかに、六甲山牧場だとかマザー牧場だとか大御所がいる中での受賞で、都合四位というのは、なかなか立派ではないかと思っています。うちのヒツジの毛質は服地用でニュージーランドでも、上位10%に入るくらいの、良品だそうです。

 そんなうれしい知らせだったので、思わずご報告です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年も毛刈り

 毎年恒例のヒツジの毛刈り。今年はいつものイベントはやめて、身内でのんびりやることに・・。しかし、母ヒツジを貸出していた飯田から来てくださったり、刈った毛を使いたいという方が応援にきてくださったり、結構にぎやかに、過ごしたわけです。

Img_7704
Img_7713

 そんな自分たちで楽しむ感じで、持ち寄りランチにしたんですが、食卓はこんな感じで、たけのこご飯のおにぎり、合鴨の卵のゆでたもの、うちで用意したのは、手作りおはぎ(小豆、ゴマ、赤米は自家製)となめこの佃煮。ワイワイ楽しく、いつものイベントとは一味違った毛刈りでした。それにしても、飯田・竜岡の小学生、元気いっぱいだったなぁ~。

Img_7721

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヒツジが帰ってきた

Img_7601



 飯田の竜岡小学校に貸していたヒツジが帰ってきました。それも1匹が→3匹になって・・・です。そう仔ヒツジを産ませるところを生徒たちに見せたいというのがひとつ目的にあったので、種付けをしてから貸し出しました。それがうまく貸し出し期間内に産まれ、無事育って帰ったということです。 学校では2時間くらいかけてお別れ会をやって、生徒たちは大泣きする子もいたそうです。それだけかわいがってくれたのだと思うと、貸し出してよかったなという気持ちになりました。そう、産まれるところも見ることが出来たそうで、無事に育ってトラウマにもならなくてとてもよかったです。今、もう1頭オスが小学校に貸し出されています。また、今年もどこかに貸すことができれば、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

仔ヒツジが今年も生まれています

  昨年相当遅い時期に仔ヒツジが生まれたので、今年はお休みのお母さんヒツジが数頭います。なので、タメ付けしたメスは2頭。レンタルに 出しているヒツジが産むので、全部で3頭がお母さん候補でした。うち、2頭が産みました。1頭は三つ子でしたが、一つは駄目で、2頭が残りました。 もう1頭は、一つ産んだので、都合3頭の仔ヒツジが元気に過ごしています。とても元気で、小屋の中でピョンピョン はねています。お母さんヒツジが授乳が順調ですので、元気という感じです。オス1頭、メス2頭、何事も無く 無事に育てばいいなあ。

Img_7260

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヒツジのひきあい

 201312231217000

  今年は未年ということで、うちのヒツジが、大人気でした。テレビが1局、また中州小のほうへは2局、取材に行ったそうです。 新聞にも載ったりして、まあ騒がしい年明けとなりました。LCVでも放映があったのですが、アナウンサーの方が、漫才をやったり ヒツジの横で雪にずっこけダイブなどもして、盛り上がってました。ヒツジの方は、平常心で、テレビカメラをなめたりしてましたが・・・。 貸し出ししているヒツジもテレビ・新聞と忙しかったようです。仔ヒツジが生まれる予定のあるレンタル君もいて これから忙しくなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レンタルヒツジを運びました

Dsc_0209




 今年の始め頃、諏訪の中洲小学校の先生が熱心に通ってこられて、ぜひヒツジを学校で飼いたいと言うことで餌の勉強やら、飼い方の勉強の講師としていったり、小屋や囲いの作り方を見に行ったりして交流してきました。

 で、秋になり、種付けの仕事が終わった種オスをレンタルと言うことで、運んできました。まあ、いい具合に小屋と囲いが出来ていましたが、ちょっと隙間が大きい。で、早速ごん太(種オスの名前)は肩までグイッと出てしまい今にも出てしまいそうな雰囲気。慌てて改善することになりました。それでも、子供たちを前に、多少興奮&緊張気味のごん太。なんとなくうまくいきそうな感じが伝わってきていました。子供たちもかわいがってくれそうです。1年のレンタルですが、時々お邪魔していろいろ教えるようなこともありそうです。ちょっと楽しみではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

干草小屋づくり

Img_7301


 この春先の大雪で、干草を入れてあったビニールハウスがつぶれました。このまま、ハウスを再建しても同じことになるのは明白。そこで、足場パイプで雨よけ程度の小屋を作ることにしました。骨格を足場パイプでつくり、木材とジョイントできる金具で、塩ビ波板で屋根を作ります。とりあえず、骨格と屋根の支え部分まで作り、あと一息。ちょっとゆがんでいますが、もともと地面が斜めなので仕方ないところ。ご愛嬌と言うことで、ドンドン作ってしまいます。

 これで、車の廃タイヤの上にワイヤメッシュをのせ、周りをワイヤメッシュと、ビニールシートで覆って出来上がりです。雨に濡れず、風通しがよければ何とかなるので、あとは1年やってみてと言ったところ。ヒツジの餌を自給するのもなかなか大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧