その他

ツイッターをはじめました。

  なかなか、投稿ができないので、普段の動向は、ツイッターで行うことにしました。そうなるとますますブログの更新がされないという、負のスパイラルっていう感じになりそうで怖いのですが、時間がないので、仕方ありません。ツイッターのではじめには、ずいぶん「これでよのなかがかわる」的なお話が出ていましたが、それはそうでもなく、情報発信の一つの方法として、それなりに定着してきてるような気がします。

 こういったものは、例えば、①ネットで調べる   で終わらないで、 ②ネットで調べた文献を調べる  であるとか、 ③ネットでその文献に類似したものがどこにあるのか調べる  という方向に行くと物事がつかめるように、いろいろな方法や手法を組み合わせて使うと、効果的な調査ができるような気がします。発信もその通りのことで、ツイッター、ブログ、ホームページとそろえていくことで、即時的、ちょっと時間がたって少し考えたもの、できあがっているもの…みたいに発信をしていくことができるかと思います。とりあえず、試行的にやっていますので、ご覧ください。

https://twitter.com/kama2468

| | コメント (0)

役行者聖地巡礼 奈良

  さて、前日に下市口まで入っていたので、そこからのスタート。朝7時の電車に乗って
吉野まで。まあなんといってもシーズンオフなのと、ちょっとした山を登るロープウェイが
ずっと休止していることもあり、とりあえず、金峯山寺までは山登り。雨でしたが、まあまあ小降りだったので、汗をかきかき時々近道をしながら、登っていきました。

Photo

 この吉野がすごいのは、景観的に優れた門前町づくりをしていること。山を登り切って、門前町に入っても街並みしか見えてきません。で、ある角をゆるく曲がると急に、巨大な建造物がグワッと迫ってくるのです。まあ、この仕掛けはたぶん考え抜かれたものなんじゃないかと思います。度肝を抜くんです。突然、目の前の海面から巨大なクジラが現れるような・・・そんな感じ。それが蔵王堂でした。仁王門から入ると、さらに巨大さが増します。善光寺の本堂も結構すごいんですが、かなわない。霧雨に煙っているので、さらに凄みが増すんです。朝8時というのに、ご朱印授与所もあいてます。さっそくいお願いして、少し休んでから、大峰奥駈道の始まりを歩いていきます。

Photo_2

 その日の予定は金峰神社と西行庵。かなりきつい坂道です。きついなあと思って登ったのですが、帰りに「つま先ころばし」の急坂であることがわかり、さすが奥駈道と納得。それでも雨の中、吉野水分神社、金峰神社、西行庵と行きましたよ。ほとんどやけくそでしたが。誰とも会わない感じです。途中集落がぽつぽつとあるんですが、そこの人たちも雨に降りこまれている。吉野水分神社なんて誰もいないんですから。でも帰りにはいて、ご朱印いただけましたが・・・。

Photo_3

 行きました。とにかく行ってきました。西行庵の高みで、さっと霧が晴れて、雲が切れ、吉野から大峰への山並みが見えたのは奇跡でしょうか。荘厳でした。そして無事出発点に帰って、最後に脳天大神。行きはよいよい帰りは恐いの、急な下りの階段400段。帰りは足がつりそうでした。そんなこんなの役行者様聖地ツアー、無事高速バスで帰ってきました。疲れた~~。よいよ春になれば

続きを読む "役行者聖地巡礼 奈良"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役行者聖地巡礼 京都

   いよいよ春になれば忙しくなるので、この冬、最後の休みとして、役行者の聖地巡りに
出かけました。この時期は、高速バスも宿泊費も割引になるので、かなりお得。特に宿泊費はうまく選べば半額くらいなので、見逃す手はありません。

 松本から大阪行きのバスに乗り、京都深草で降ります。午後8時近くに着いたのですが、まずは、すぐ近くの伏見稲荷にお参りします。事前にネットで見ていたとおり、夜にお参りする人たちが、結構訪れています。二人連れのデートが多いんですが、実際には、照明も必要最低限ぽく、かなり不気味。パワースポット感満載です。奥宮までちょっと歩きましたが、裏の稲荷山を完全制覇するには、2~3時間はかかるようです。いずれ、来たいなと思った次第。この日は一泊。

Photo

 翌日は京都市内を駆け回るハードスケジュール。朝一番で相国寺に行き、長州藩士の亡霊塔を見るつもりが、勘違いして薩摩藩士のお墓を見てしまい、時間切れで、西陣の雨宝院へ。雨宝院ではお目当てのお犬様のお札(版木がなくなってしまい、コピーなんですが)を受け取り、お参りしたあと、丸太町へ戻り、京都熊野神社~聖護院門跡~吉田神社~熊野若王子神社と結構アップダウンがあるコース。が、途中に哲学の道などを入れ込んで、歩きました。役行者に関係するのは、聖護院だけですが、まあ熊野も関係するっちゃあしますから。本山派の聖護院はなかなかオープンな寺(?)で、撮影はさすがにできませんでしたが行者像も超間近で拝観でき、大満足でした。

Photo_2

Photo_4

 そこから、山科に出て、東福寺へと戻りまして、新熊野神社へ。ここもなかなかユニークなご朱印がいただけ、満足。その日の最後は、醍醐寺へ。まあ、修験道当山派の本山ですから、立派ですが、特に三宝院は書院造と庭園がすごい。秀吉がかかわったようです。まあ、庭わね・・・本当にすごかった。心洗われるすごさ。京都編はここでおしまい。一路吉野山へ。

 

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カロリー計算

 知り合いが、軽い脳梗塞で入院しました。心臓病と糖尿病も患うという一種ヘレンケラーのような感じなのですが、結構、破天荒な生活を送っていたこともあり、自業自得というわけです。まあ生活習慣病も極まれりという結果なのですが、それでも、改めようと、医者のいうことを聞いて、カロリー制限を始めました。私も、ちょうど体重が増え、健康診断でもメタボ一歩手前といわれ、糖尿病の指標のヘモグロビンなんたらの値もギリギリということで、一緒に取り組むことにしたのです。

 知り合いとは、週に1回くらいは会うので、互いに情報交換しながらやっているのですが、病人なので、1日1500キロカロリーが目標です。これは、私にとっては、ちょっときつい値なんですが、1500キロカロリーを目標にしても、だいたい1800キロカロリー
くらいは取ってしまうようです。が、しかし、1月の終わりに、インフルエンザに罹ったことをきっかけに取り組んだのですが、約2ヶ月で、7キロも体重が落とせました。う~~ん!?そこで考えたのが、寄る年波です。たぶん・・・ですが、若いころより、必要とするカロリーが減ってきているのに、若いころと同じようにカロリーをとっているからだということです。そりゃ太るわな。

Photo

 今回、運動をせず、食事のカロリー(もちろんおやつなどの間食はやめました)を制限しただけで、体重が減りました。まあ、喜ばしいことですが、とにかく、感心したことが、このカロリーという概念です。人の体の中の変化を、この数値に表せるということ本当に感動した・・感じです。すごいね、化学って、人類の英知って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御嶽山

 前々から、県内の高山ロープウェイに行きたくて、(例えば、千畳敷とか白馬とか)うまく天気と都合があったので、御嶽山に行ってきました。

Dsc_0442

 快晴でやや暑い日でしたが、ロープウェイを降りてから1時間ちょっと、急な山道を登ると、女人堂という小屋に出ます。かつては女性はここまでしか入れなかったとか。思いがけず、アルペン的な景色で、感動。もちろん信仰の跡地もしっかりあって、そういう山だと再認識。

Dsc_0438

 こんな枯れ木も素敵でした。

Dsc_0435

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可児の花フェスタ公園

 岐阜県の可児市にある、花フェスタの跡地にできた公園に行ってきました。可児山城フェスティバルに参加するついでの立ち寄りです。かなり広い場所とは聞いていましたが、バラ祭りをやるということで、入園料は特別料金でいつもの倍の1000円。で、その内容は…というと、う~~~ん。

Img_8342

 ちょっとまだ季節的に早すぎたのもありますが、一部しか咲いていない。とにかく広い園地なので、バラの株の数は相当なもの。しかし、たぶん・・・ですが、夏から秋にかけての雨続きで、満足な手入れができてない感じが・・伝わってきました。残念ですが・・・。

 面白かったのは、バラの根元があちこち掘られていたところ。土づくりを割とやっているので、ミミズが多いのでしょう。イノシシが鼻でほじくった跡ですね。相当な被害が出ている感じ。自然の中にあるのでしょうね。もうちょっと、頑張ってもらわないと、「お金を取るの??」になりかねませんね。咲き終わったつぼみ(多分夏前のもの)も摘んでないし、枝を落として売っている花店の店頭の株みたいなのもあったし。全体的にプロの仕事ではない感じが伝わってきちゃう。最初はよかったんだろうけど・・・。

Img_8341

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池袋西口でイベントを見て

 日本石仏協会という団体に入ったことは、以前に書きましたが、そこが主に講座を開くのが、池袋西口にある東京芸術劇場という施設の中のミィーティングルームです。小さな部屋がいくつもあって、まあ、富士見で言えばコミプラみたいな感じです。とてつもなく大きなホールみたいなのが下にあるのですが、大きな吹き抜けの空間(1階~6階までの)があって、何の役にも立ってないけれど、気持ちがいいみたいな場所でした。

 そんな池袋西口ですが、以前は確か女子高生の立ち売りみたいなので有名だったところです。多分そのあたりを一掃するために整備されたのでしょう。そこで、イベントが開かれていました。手作り市と書かれた看板があったので、流行のクラフト市みたいなものなのかな?で、結構いろいろな食品が売っていて、商売臭さ満開だったのですが、道行く人への、売込み(呼び込み)っていうのですか、あれがすごい。

Photo

 そこで、ある光景を思い出したんです。それは、北海道の千歳空港。おみやげの呼び込み合戦を見て、北海道ってやっぱ日本の植民地みたいなものなんだ・・・という認識を持ったのですが、そんな光景が繰りひろげられていました。食品の多くは、地方から出てきて売っている、有機農家とか、まちおこし的な加工食品とか、そういうもの。根っこにあるのは、地方は東京の植民地なんです、みたいな感じかなぁ。

 そんなことから、表や地上に表れてる一見よさげなものが、実は根っこは…というところまで、考えてしまって、帰りの電車は憂鬱なのでした(笑)。やっぱ東京へ行っても、一刻も早く、富士見に帰りたくなるんだよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の東京行きで感じたこと

 青春18きっぷが出る季節にはいつも、あちこち出かけるのです。先日、いつもの名古屋ではなく、久々に東京へと行ってみました。 高田馬場で映画を見て、食事して、やすいビジネスを見つけたので、大塚に泊まりました。まあ、名古屋に比べても仕方ないのですが、 人が本当に多いです。で、高田馬場の駅前でお昼を食べたのですが、チェーン店がウナギの寝床みたいな感じで並んでました。とにかく狭い んですが、味は同じですから・・・。

Yjimages3t0sbyi

 ちょうど見損なった映画を2本立てで名画座(早稲田松竹)で観ました。 結構お客が入ってましたね。マニアックな映画だったんですが。 その後、大塚に行き、コンビニで夜食を買ったのです。で、そこの夜のバイトはみな外国人。それも国籍がバラエティに富んでる感じで、まあまあ驚きました。 お釣りとか間違えたりしてたかな。 翌日は用事があるので、5時に山手線に・・・。で、池袋出どっと混んで、驚くほど満員になりました。夜の仕事帰りの人、徹夜で飲んでたと思われるグループ、 早朝に仕事に行く方、そんな感じでごった返していました。東京に行くたびに、人もなにもかも、集積が進んでいることを強く感じます。 田舎はのんびりで本当にいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRダイヤ改正に伴って・・・

 JRの春のダイヤ改正があり、時刻表は特にそれほど変わっていなかったのだけれど、列車構成に大幅な変更があった。

 Kc3p0034

 こんな感じの列車が、特に3両編成の際に走るようになった。というか、これに変わってしまったようだ。中は、

Kc3p0035
 こういったロングシートになってしまった。こうなると、今までのボックスシートが懐かしい。まあ、山手線や高尾以東の中央線の電車のようで、これで、都会っぽくなったなんて思う人もあるかもしれない。が、ドアは半自動式で乗客が開ける。今までの室温保持のため、ちょrっと隙間が空いてたより、きちんと閉まってされて、具合は良さそうだ。

 情緒という、曖昧な言い方だが、そういうものがなくなった。乗客の方は、もう馴染んでいた。そんなものなのだろう。私は、結構ショックだった。これじゃ車窓を眺めながら、何か食べるなんて、できそうにない。これって輸送力アップだとか、そういった都合なのだろうけど、味気ない感じがする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年 おめでとうございます。

  こんなタイトルにしてしまいましたが、日本も世界もなかなかおめでたいと言っていられない状況です。そんな感じだからこそ、逆に「おめでたい」のかもしれません。

 そんなお正月ですが、今朝、年始回りの途中に、大先輩がこんな写真を持ってきてくださいました。ついでにという感じでしたが、申し訳ないです。

Img_7123


 この写真、御小屋山に登る途中にある、岩に掘られたお不動様とのことです。「お前らなんとかせい」といわれてるようで、気が引き締まります。

 なかなかよいお正月になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)